ヘリオケアウルトラD

ヘリオケアのウルトラDってどう違うの?

近年、飲む日焼け止めに注目が集まっています。
中でも皮膚科などで処方され、認知度が高い飲む日焼け止めサプリがヘリオケア

 

 

ヘリオケアとひとことで言っても種類が色々あってちょっとややこしいのが難点でもあります。

 

そのヘリオケアの中でも一番人気が高いのがヘリオケアウルトラD

 

 

こちらでは
ヘリオケアのウルトラDについて詳しく解説していきます。
飲む日焼け止めヘリオケアの基礎的な知識についてはこちらのページを参照してください。

 

飲む日焼け止め ヘリオケアウルトラDの特徴

ヘリオケアウルトラDとは、正式には「ヘリオケアウルトラD オーラル」。
上記の様々なヘリオケアのうちの元祖とも言える主にヨーロッパ圏で流通しているタイプ
そのヨーロッパ圏verにも更に種類分けがあって、

 

  • ヘリオケア オーラル
  • ヘリオケアウルトラ オーラル
  • ヘリオケアウルトラD オーラル

 

ややこしいですね…。
まず「オーラル」というのは経口というような意味で、塗るタイプとの墨分けとして飲むタイプの日焼け止めサプリにはすべて付いているフレーズです。

 

そして3つの違いは、

ヘリオケアのノーマルタイプ

特許成分のFernBlockが1錠に240mg配合

ヘリオケア ウルトラ

特許成分のFernBlockが1錠に480mg配合

ヘリオケア ウルトラD

特許成分のFernBlockが1錠に480mg配合
更にビタミンDを配合

 

なぜヘリオケアウルトラDにビタミンDが配合されているかというと、紫外線対策をするとビタミンDが不足してしまうから。
紫外線は美肌にとっては避けたいものではありますが、紫外線は皮膚の中でビタミンDを作り出して骨へのカルシウムの沈着を促すという効果があります。
飲む日焼け止めサプリを飲み続けると紫外線は防げるものの、今度ビタミンDが不足する心配があります。

 

 

ということでヘリオケアウルトラDにはビタミンDが配合されているのですね。
ヘリオケアシリーズの中ではこちらが一番人気が高く、おすすめです。

 

飲む日焼け止めヘリオケアウルトラDの成分

主成分は特許成分のFernBlockですが、全成分は以下の通りです。

 

ヘリオケアウルトラDカプセル<全成分>
シダ植物エキス末・ビタミンC・リコピン・ビタミンE・ルテイン・ビタミンD・ゼラチン・着色料(酸化チタンE-171、酸化鉄E172、インジゴカルミンE-132、水酸化鉄E-172)

 

表中のシダ植物エキス末がヘリオケアウルトラDの主成分であるFernBlockにあたるもので、他に各種ビタミンルテインリコピンが配合されているのがわかりますね。
FernBlockでしっかり日焼け止め対策をし、その他の成分で眼の紫外線対策や美肌効果を促すといった成分構成です。
ヘリオケアの中ではこのウルトラDの配合成分が最も充実しています。

 

飲む日焼け止め ヘリオケアウルトラDの飲み方

ヘリオケアウルトラDの飲み方は、外出の30分前に(陽に当たる)1カプセルを飲むようにします。
ヘリオケアウルトラDは飲んでから30分後に紫外線防御効果を発揮
効果の持続時間は4〜5時間といわれています。
朝から夕方まで外出する場合は朝と、お昼過ぎぐらいにもう1カプセルを飲む様にします。

 

飲む日焼け止め ヘリオケアウルトラDの副作用について

外国製・・・輸入品・・・
となると、気になってしまうのが副作用ですね。
ヘリオケアウルトラDの副作用について確認したところ、副作用の報告はないとのことです。
海外では子供も飲む日焼け止めを服用しています。
そもそもヘリオケアは医薬品ではなくサプリメント
つまり健康食品なので、副作用という言い方自体が適してないかもしれませんね。
ただし、ヘリオケアウルトラDは外国人の体質に合わせて開発された商品。
全ての日本人に合うとは言い切れません

 

ごくまれに、消化不良皮膚のかゆみをおこすことがあるようです。
実際にヘリオケアを飲み始めて湿疹が出てしまったという口コミもあります。
ヘリオケアウルトラDの主成分であるFernBlockは植物由来ですのでアレルギーの方は避けた方が良いと思います。

 

 

あまり知られていませんが、シダ植物はアレルギーを誘発しやすい植物です。
また、妊娠・授乳期間の使用は推奨されてませんので、妊娠・授乳中の服用は避けましょう

 

飲む日焼け止め ヘリオケアウルトラDの購入方法

ヘリオケアウルトラDは外国製のサプリメントなので、通常の市販サプリのようにどこでも手軽に手に入るという訳ではありません。
入手する方法には次の3つの購入方法があります。

 

  • 楽天/Amazonなどの通販
  • 個人輸入
  • 皮膚科・美容外科での処方

 

楽天/Amazonなどの通販

調べたところAmazonでは現状、ヘリオケアウルトラDの通販を行っていません。
amazonでは違うタイプ(国内正規販売品)のヘリオケアのみが通販されているようです。

 

 

1個あたり概ね10,000円の1個単品、2個セット、3個セットとあります。
こちらは日本人向けに再開発されたヘリオケアですが、結構なお値段ですね。

 

一方の楽天ではヘリオケアウルトラDが様々なショップから販売されています。
1個単品、2個セット、送料別、送料無料と様々ですが、値段は概ね1個あたり5,500円程度が目安です。

 

 

1個が30カプセル入りなので、1日2カプセル飲むと半月分ですね。

 

個人輸入

ヘリオケアウルトラDを個人輸入する方法もあります。
ですが慣れていないと大変なのと、不着のトラブル保証がないなどのリスクが伴います。
模造品も出回っているので注意が必要です。
なので、個人輸入代行のWebサイトから購入されている方が多いです。
輸入代行にしてもリスクが全く回避できるわけではないのと、まとめ買いをすると関税がかかってしまうのでその点も注意が必要です。

 

皮膚科・美容外科での処方

皮膚科や美容外科でヘリオケアウルトラDを処方してもらうこともできます。
一般的な皮膚科では取り扱いが無いこともありますので、事前に確認しておきましょう。

 

飲む日焼け止め ヘリオケアウルトラDの最安値は

3つの購入方法をご紹介しましたが、同じ商品なら当然安く買いたいですよね。
ヘリオケアウルトラD最安値はどこでいくらなのでしょうか?
通販での最安値は楽天のヘリオケアウルトラD(2個セット)で1個あたりが5,400円送料無料
個人輸入での最安値はドル決済で為替が変動するため難しいですが、概ね5,200円程度(輸入代行サイトにて)。
美容外科や皮膚科で購入する場合は若干価格設定が高めになっていて、プラス診察料がかかります。
現状でのヘリオケアウルトラDの最安値は楽天での購入ということが言えそうです。

 

飲む日焼け止め ヘリオケアウルトラDの口コミ

注目度の高いヘリオケアですが、実際その効果のほどはどうなのでしょうか。
口コミについてもリサーチしてみました。

 

飲む日焼け止めサプリ『ヘリオケアウルトラD』の口コミ@

飲む日焼け止め「ヘリオケア」体験!
普段はインドアなのであまり気にしていませんが、スノーボードへ行くことになったので、雪の反射による日焼けが心配に…。
スノーボードをしてる最中にチマチマ塗り直すのも無謀かな?ということで、思い切って飲む日焼け止めヘリオケアウルトラDにチャレンジしてみました。
通販ページで確認してはいましたが、さすが海外製、何とも毒々しいオレンジと緑。
1粒が結構大きくて飲みにくそうです。
これで本当に効果があるのか、いまいち疑わしい。
そして当日朝、ヘリオケアの持続効果は4〜6時間らしいので、スキー場に到着してからの服用です。
いよいよヘリオケアウルトラDを飲んでみたところ、見た目通り胸につかえている感覚…
ちょっと気持ち悪いです。
たくさん水を飲んで頑張って流し込みました。
日焼け止めクリーム等、他の対策は一切していなかったので少し不安ではありましたが、2時間後の休憩中にも特に日焼けの兆候は見られなかったので、残り時間も思いっきり楽しんでしまいました。
翌日になっても肌は変化なし、ヘリオケアの効果をばっちり実感できました。
慣れるまで少し飲みづらくはありますが、ヘリオケアウルトラDを飲むだけで日焼けの心配がなくなるのはとっても有難いです。
今後もアウトドアの際には愛用していきたいと思います!
(20歳代・テトラさん)

 

飲む日焼け止めサプリ『ヘリオケアウルトラD』の口コミA

続けての内服でヘリオケアウルトラDの効果を実感
光老化が気になり、日ごろからしっかりと日焼け止めを塗っていますが、一昨年からはそのケアにプラスして夏場はヘリオケアを飲んでいます。
ヘリオケアウルトラDを飲み始めた一昨年は、特に紫外線を浴びそうな日だけ飲んでいました。
内服の30分後頃から効果を発揮し、2時間後に最大限の効果が出るということで、一番紫外線を浴びそうな時間を逆算して内服していました。
それまではどんなにしっかりと日焼け止めを塗っていても、海やプールに行くと水着の跡がしっかりと残るほどに日焼けをしてしまっていたのですが、ヘリオケアウルトラDを内服した日はわずかに日焼けの跡が残る程度になっていました。
ただ、海外の海での強力な紫外線にはヘリオケアウルトラDも勝てなかったのでしょうか、くっきりと日焼けしていました。
昨年は、新たに強力な紫外線を浴びる2週間前から飲み続けると日焼け止め効果が高まると知り、海外の海に行く2週間前から内服をしてみました。
もちろん、当日もちょうど効果が発揮される時間を逆算してヘリオケアウルトラDを内服しました。
すると、今回は全く日焼けしませんでした。
説明に書いてあった通りに、日焼けしない体質に導いておくことの大切さを身を持って実感しました。
もう少しお値段が安ければヘリオケアウルトラDを一年じゅう続けていきたいのですが、そうはいかないお値段なので…。
今後も夏場に向けて、日数・時間とも逆算してヘリオケアウルトラDを使用していきたいと思っています。
(30歳代・cowさん)

 

飲む日焼け止めサプリ『ヘリオケアウルトラD』の口コミB

ヴァム旅行に行ったときに使用しました。
もちろんヘリオケアウルトラDだけでなく塗る日焼け止めクリームなども併用しました。
日焼けはうっすらしたくらいで全然焼け具合が違ったようです。
ただ、身体のあちこちに湿疹が出てしまったので中止しました。
外国製だからなのか、体質に合う合わないはありそうです。
国産の飲む日焼け止めにしようと思っています。
(40歳代・ぼっちさん)

 

飲む日焼け止めサプリ『ヘリオケアウルトラD』の口コミC

飲む日焼け止めをずっと買おうか迷っててこちらのヘリオケアウルトラDを買いました。
まだ飲み初めて5日目なので効果はよくわからないけど、飲まないよりかはいいだろうと信じて飲み続けています。
ただ、ヘリオケアウルトラDは効果が4時間しかもたないので、出先でもう1回飲まなければならないのが難点です。
(30歳代・ホンジュラさん)

 

ヘリオケアウルトラDと国産日焼け止めサプリの比較

口コミでは賛否両論ありますね。
効果の実感についても、効き目を感じられた人、そうでない人、両方いらっしゃいます。
最近ではヘリオケアウルトラDだけでなく、沢山の種類の飲む日焼け止めが出回るようになりましたね。
外国製のヘリオケアウルトラD国産の飲む日焼け止めならどちらが良いのでしょうか?

 

 

実はご多分に漏れず(?)、私もヘリオケアから国産の飲む日焼け止めに乗り換えたひとり。。
効果は感じていたのですが、何より「高い!」そしてカプセルが「でかい!
ということで毎日飲むのが苦痛になってしまったんです。
毎日ではないのですが、湿疹が出てしまう日もありました。
ヘリオケアウルトラDは4〜6時間しか効果がもたないのも難点。
出先ではつい飲み忘れてしまいます。
値段が高いので「出かけない日は良いか…」とケチってしまったり。
日焼け止めサプリは継続して飲んでこそ効果がフルに発揮されるとのことなので、意味ないですよね。

 

最後に、ヘリオケアウルトラDと、国産の日焼け止めサプリ
それぞれのメリットデメリットをまとめてみました。

 

  ヘリオケアウルトラD 国産 飲む日焼け止め
メリット

販売実績が長い
楽天や個人輸入代行サイトで買える
子供でも服用できる

 

価格が手頃なサプリも
長時間効果が持続
返金や返品の保証がある
日本人向けの製品
効果を実感している口コミも多い

デメリット

価格が高い
外国人向けの開発商品
体質に合う合わないがある
大粒カプセルが飲みにくい
4〜6時間後に飲み直しが必要
模造品に注意が必要

ヘリオケアと比べると販売実績が浅い
商品数が多く目利きが必要
定期便の場合は解約条件に注意が必要

 

飲む日焼け止め ヘリオケアウルトラDの検証まとめ

ヘリオケアウルトラDについては販売実績もあり、効果を実感している方も多いので、
「4〜6時間おきに飲める」「大きいカプセルも平気」
という方にはおすすめできる飲む日焼け止めです。

 

私にはちょっと合わなかったので、今では国産の飲む日焼け止めを愛用しています。
ヘリオケアウルトラDより価格も安く、輸入じゃないので販売体勢もしっかりしていて安心できます。
紫外線対策に効果のある成分が色々(サプリによって違いますが)配合されています。

 

私がよく使っている飲む日焼け止めはホワイトヴェールポルクです。

 

国産の飲む日焼け止めは多数ラインナップがあるので、よく吟味して自分に合いそうなサプリメントを選んで使ってみると良いと思います。

 

飲む日焼け止め国産サプリメントのおすすめランキング